1. HOME
  2. イベント
  3. ▶︎Live At Home
  4. スキヤキ・オキナワ2022 出演:BAB L’BLUZ(モロッコ・フランス)・MONSIEUR DOUMANI(キプロス)・OKINAWA AMERICANA(沖縄・アメリカ)

スキヤキ・オキナワ2022 出演:BAB L’BLUZ(モロッコ・フランス)・MONSIEUR DOUMANI(キプロス)・OKINAWA AMERICANA(沖縄・アメリカ)

スキヤキ・オキナワ / SUKIYAKI OKINAWA 2022
出演:
BAB L’BLUZ(モロッコ・フランス)・MONSIEUR DOUMANI(キプロス)
OKINAWA AMERICANA(沖縄・アメリカ)日本を代表するワールドミュージック・フェスティバルをコザで本格開催。
モロッコ・フランス・キプロス・沖縄・アメリカのアーティストが共演!
スタートから30年を超える、日本を代表するワールドミュージックのイベント『SUKIYAKI MEETS THE WORLD』。毎年8月に富山県南砺市で開催されているこのフェスティバルのエクスパンション企画として、2015年から始まった『SUKIYAKI OKINAWA(スキヤキ・オキナワ)』を、ミュージックタウン音市場で開催します。今回は、コロナ禍を経て、今年は3年ぶりのフルスペックでの開催です。『SUKIYAKI OKINAWA(スキヤキ・オキナワ)』にも、海外のアーティストが出演し、本場のワールドミュージックを披露してくれます。沖縄のアーティストとのコラボレーションや、ワークショップなども開催します。

今回は、モロッコの伝統音楽グナワと、その要となる弦楽器ゲンブリを世界に広めるために活動するBAB L’BLUZ / バブ・ルブルーズと、キプロスの伝統音楽をモダナイズさせ現代に蘇らせることをコンセプトに活動するMONSIEUR DOUMANI / ムッシュ・ドゥマニが出演。地元コザからは、沖縄民謡とアメリカのブルース、ロック、ソウルをチャンプルーして、新たな音楽世界を展開するOKINAWA AMERICANA / オキナワ・アメリカーナが出演します。
それぞれの土地に根ざした彩り豊かな音楽からは、世界の広さや文化の多様さ、音楽を通したコミュニケーションの楽しさが伝わるはずです。

日程:2022年9月3日(土)
会場:ミュージックタウン音市場
時間:開場18:30 開演19:00
料金:
<通常チケット>
一般前売 3,500円 当日 4,000円(全席自由)
Koza Music FunC会員前売 2,500円(前売のみ / 予定枚数に達し次第終了)
沖縄市民割引前売 2,500円(前売のみ / 沖縄市在住・在勤者対象 / 購入時身分証提示が必要 / 予定枚数に達し次第終了)
一般(障がい者)割引 2,500円(購入時手帳提示が必要)
高校生以下前売・当日共 1,500円(要学生証提示)
※入場時別途1ドリンクオーダーが必要
※小学生以上有料 未就学児膝上無料
<ライブ配信チケット>
2,000円 *Peatixにて販売。

問合せ・電話予約=ミュージックタウン音市場 098-932-1949

<出演者プロフィール>
BAB L’BLUZ / バブ・ルブルーズ
[Morocco・France / モロッコ・フランス]

2018年にマラケシュで結成されたバブ・ルブルーズは、モロッコの伝統音楽グナワと、その要となる弦楽器ゲンブリを世界中に広めるために活動している。
2020年にリリースされたデビューアルバム『Nayda!』は、世界の音楽シーンに大きな衝撃を与え、ワールドミュージックチャートを軒並み席巻。本来男性のみが演奏を許されているグナワ音楽を、女性ボーカルのユスラを中心にサイケロックやブルース、ファンクなどと融合させた、シンプルでありながら強烈なトランス感を生み出すサウンドは、まさに新世代のモロッコ音楽!

MONSIEUR DOUMANI / ムッシュ・ドゥマニ
[Cyprus / キプロス]

キプロス・ニコシア出身のトリオ・グループ、”ムシュー・ドゥマニ”は、同地の伝統音楽をモダナイズさせ現代に蘇らせることをコンセプトに、2012年に活動を開始しました。メンバーは、リーダーのAntonis Antoniou(ジュラ*/ヴォーカル/エレクトロニック)、Demetris Yiasemides(トロンボーン/フルート)、Andys Skordis(ギター/バッキング・ヴォーカル)の3人。
2013年に1st・アルバム“Grippy Grappa”をリリース。ジュラ独特の響きを中心に置き、ギター、フルート/トロンボーンによるアコースティック・アンサンブルでキプロス~ギリシャ・トラッド・スタイルの演奏を展開しつつ、米国のブルースやポップス、英国のメディーヴァル・ミュージック(中世西洋音楽)などの要素もさりげなく忍ばせた一筋縄ではいかないユニークなアレンジが注目を集めました。
2015年には2ndアルバム“Sikoses”をリリース。1stと同様の流れにありながら、作曲・アレンジ面はよりポップ~ロック・ナイズドされ、音やコーラス・ワークにも重厚さが加わって多方面から高い評価を受けました。
前作 “Angathin”(2018)では、2ndでも見られた洗練性をより強化させたことで、トランス・ワールド・ミュージック・チャート(ベスト・アルバム)をはじめとする様々なアワードを受賞。またWOMEX(the World Music Expo)をはじめとするワールド・ミュージック系大型フェスティバルにも多数参加し、ワールド・ワイドな人気を博するようになりました。
*ジュラ / Tzouras:トルコおよびバルカン半島由来のギリシャの撥弦楽器。スチール6弦3コース。ブズーキに類似するがひと回り小さい。

OKINAWA AMERICANA / 沖縄アメリカーナ
MERRY & DAVID RALSTON
[Okinawa・US / 沖縄・アメリカ]

DAVIDが奏でるアメリカのブルース、ロック、ソウルに、MERRYの沖縄民謡をチャンプルーして聴かせるユニット。お互いのルーツを大切に、それを融合することでこれまでになかった、新たな音楽の世界を展開しています。2015年5月から沖縄県内外で活動を展開。さらに、カンボジア、マレーシア、アメリカ、タイなど1年に2回のペースで、海外でも活動を展開しています。
2017年に、1st.アルバム『オキナワアメリカーナ』を、2021年には、2ndアルバム『ターチ』を発表。近年では児童支援イベントや病院入院患者への慰問公演、地域の行事への参加、独自のお祭りを企画するなど幅広く活動を展開中です。

 

「SUKIYAKI OKINAWA(スキヤキ・オキナワ)2022」<那覇篇>
出演:KLÔ PELGAG / クロ・ペルガグ(Canada / カナダ)・ほか

9/4(日)桜坂劇場ホールA
https://sakura-zaka.com/event-info/82296

| ▶︎Live At Home

Translate »