1. HOME
  2. イベント
  3. ▶︎Live At Home
  4. ▶︎Live At Home from Koza City ARAGAKI MUTSUMI “ANOTHER WORLD OF OKINAWAN MUSIC”レコ発ライブ

▶︎Live At Home from Koza City ARAGAKI MUTSUMI “ANOTHER WORLD OF OKINAWAN MUSIC”レコ発ライブ

(English below)

▶︎Live At Home from Koza City
ARAGAKI MUTSUMI
“ANOTHER WORLD OF OKINAWAN MUSIC”レコ発ライブ
出演;
新垣睦美(歌三線 / electronics / audio-visual )
Special guest:
KgK 川崎巽也( guitar / effect ) / 上地 gacha 一也( double bass / effect ) / 城間和広( drums / toy )

独創的なサウンドと映像で魅せるアルバムの幻想的な世界観、そして、スペシャルゲストKgKとのNeo Okinawan Jazz。温故知新で前衛的な沖縄音楽の世界へと誘います。
沖縄伝統音楽のディープなオキナワン・グルーヴ&ソウルを核にコンテンポラリーなサウンドとヴィジュアルを革新的に融合、ユニークで前衛的な音楽を創造するアーティスト新垣睦美。沖縄音楽巨匠の普久原朝喜、普久原京子の孫弟子。
全曲セルフ・プロデュースによる初アルバムは、作曲、編曲、作/補作詞、作詩、 歌、声、三線、三板、エレクトロニクス、サウンドスケープ、オーディオヴィジュアル、ビデオ、写真、絵、アートワークに至るまでを自ら担当。圧倒的な世界観を持つ音楽をそのまま反映したかのようなモノクロ写真と、スリップケース入りの荘厳なつくり、シュリンクの上にはゴールドのステッカーと、フィジカルで所有するにふさわしい総合芸術的作品。

雑誌 Songlines, fRoots(イギリス)、Far Side Radio(イギリス)、NHK World J-Melo(日本)で紹介、Camera Japan 日本映画祭 2019 (オランダ), Nippon Connection 日本映画祭 2019 (ドイツ), アースデイ東京2019 (日本), Bangkok Theater Festival 2018 (音楽提供) (タイ), バスク映画「Margolaria」2018年 (スペイン), New Narratives Film Festival 2016 (台湾), Trans Asia Music Meeting (沖縄)に出演するなど、世界的にも高く評価されている。

「新垣睦美は、沖縄音楽における先駆者だ。」
ジョン ポッター 音楽評論家

「深い魂を持つ人の、古代の伝統と通信する声を聴いているかのようだ。」
ポール フィッシャー 音楽評論家, DJ

「新垣さんは沖縄音楽の未来であり過去である。」
ジェームス キャッチポール 音楽ライター, ブロードキャスター

「沖縄(琉球)を越えた世界観だと思います。」
七里圭 映画監督

「新垣睦美は、若くしてベテラン唄者のような枯れた趣と迫力を宿した沖縄民謡の唄者だ。」
萩野一政 編集長, 出版者

「世界が新垣睦美の音楽に気づく日はそう遠くないと思う。」
野田隆司 プロデューサー, ディレクター

****************
日程:2021年1月30日(土)
会場:ミュージックタウン音市場(沖縄県沖縄市上地1-1-1 3F)
時間:開場18:30 開演19:00
料金
◎通常チケット(100名様まで限定販売)<11/1(日)発売開始>
一般前売3,000円 当日3,500円
FunC会員前売2,800円 当日3,000円
高校生以下前売当日共1,000円
※入場時別途1ドリンクオーダーが必要
未就学児膝上お一人様無料
<プレイガイド>
ミュージックタウン音市場・桜坂劇場・普久原楽器店・照屋楽器店
ファミリーマート各店・イープラス・ローソンチケット・チケットぴあスポット

◎ライブ配信チケット:2,000円
Peatixにて販売 <11/1(日)発売開始>
*公演終了後2/7(日)までアーカイブ視聴可能。

問合せ・電話予約=ミュージックタウン音市場
098-932-1949

主催:ミュージックタウン音市場

“ご来場いただくみなさまへ、ご協力のお願い”
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、沖縄市のガイドラインに沿った形での開催となります。
入場者数は100人を目安とさせていただきます。ガイドラインの緩和・強化等によって変動する場合があります。

・体調のすぐれない方はご来場をお控えください。
・検温にご協力ください。(37.5度以上ある方は入場をお断り致します)
・必ずマスクを着用してください。(お持ちでない方は受付にて1枚50円でご購入下さい)
・手指の消毒のご協力をお願いします。(各所にアルコール消毒液をご準備しています)・開催日より14日以内に海外への渡航歴がある方、もしくは渡航歴をお持ちの方と接触された方のご来場はお控え願います。

▶︎Live At Home from Koza City
ARAGAKI MUTSUMI
“ANOTHER WORLD OF OKINAWAN MUSIC” Album Release Live

Aragaki Mutsumi( vocal / sanshin / electronics / audio-visual )
Special guest:
KgK Kawasaki Tatsuya( guitar / effect ) / Uechi gacha Kazuya( double bass / effect ) / Shiroma Kazuhiro( drums / toy )

Her album’s mystical worldview with her unique sounds and visuals, and Neo Okinawan Jazz with special guest KgK. We invite you to the world of Okinawan music, which is deeply rooted in tradition and avant-garde.
She progressively integrates the deep groove and soul of Okinawan traditional music with contemporary sounds and visuals, and she creates unique avant-garde music. She is a second-generation pupil of Okinawan music maestros Fukuhara Chouki and Fukuhara Kyouko.
Her first album was self-produced all by herself, composed, arranged, lyrics, poem, vocal, voice, sanshin, sanba, electronics, soundscapes, audio-visual, videos, photos, paintings and artwork. It’s a comprehensive artistic work worth physical possession, monochrome photographs that seem to reflect music with an overwhelming worldview, a majestic creation in a slip case, and a gold sticker on the shrink-wrap.

She has been highly regarded worldwide, being introduced on Songlines, fRoots Magazines (UK), Far Side Radio (UK), NHK World J-Melo (Japan), and having performed at Camera Japan Japanese Film Festival 2019 (Netherlands), Nippon Connection Japanese Film Festival 2019 (Germany), Earth Day Tokyo 2019 (Japan), Bangkok Theater Festival 2018 (Thailand), Basque film “Margolaria” 2018 (Spain), New Narratives Film Festival 2016 (Taiwan) and Trans Asia Music Meeting (Okinawa).

“Aragaki Mutsumi is a trailblazer in Okinawan music.”
John Potter Music Journalist

“I feel like I’m listening to the voice of someone with a deep soul, transmitting an ancient tradition.”
Paul Fisher Music Journalist, DJ

“Aragaki-san is both the future and the past of Okinawan music.”
James Catchpole Music Writer, Broadcaster

“I think that her worldview transcends Okinawa (Ryukyu).”
Shichiri Kei Film Director

“Aragaki Mutsumi is like a veteran with maturity and dynamism.”
Hagino Kazumasa Chief Editor, Publisher

“It will not be long before the world discovers the music of Aragaki Mutsumi.”
Noda Ryuji Producer, Director

****************
Schedule:
Saturday, 30th January, 2021 open:18:30 start:19:00
Venue:
Music Town Oto Ichiba (3F, 1-1-1, Uechi, Okinawa city, Okinawa, Japan)
Ticket:
◎ Live ticket (limited 100 tickets) < Sunday, 1st November on sale>
advance: 3,000 yen / door: 3,500 yen
FunC member advance: 2,800 yen / door: 3,000 yen
High school students and younger 1,000 yen (advance / door)
※one drink order required at door
Free for one preschooler on the knees

<Ticket agency>
Music Town Oto Ichiba, Sakurazaka Theater, Fukuhara Gakkiten, Teruya Gakkiten, FamilyMart, eplus, Lawson ticket, Ticket Pia spot

◎ Online Live ticket: 2,000 yen
Available at Peatix <Sunday, 1st November on sale>
Archive can be viewed until Sunday, 7th February after the live.

Inquiry / Telephone reservation:
Music Town Oto Ichiba
098-932-1949

Organizer: Music Town Oto Ichiba

CD store
https://www.niinuhai.com/release
Website
https://www.aragakimutsumi.com/homeenglish

| ▶︎Live At Home

Translate »