1. HOME
  2. Music Town Cinema
  3. 【11/1(日)公開】『RBG 最強の85歳』

Music Town Cinema

ミュージックタウン・シネマ

【11/1(日)公開】『RBG 最強の85歳』

追悼、RBG。今、見るべき作品を、
アメリカ大統領選挙当日に公開!

今年9月18日、アメリカ最高裁判事のルース・ベイダー・ギンズバーグが膵臓がんによる合併症のため亡くなった。87歳だった。彼女はアメリカで歴代2人目の女性判事で、リベラル派や女性、若者たちから絶大な支持を集める人物だった。

この作品は、全米で愛された最高裁判事の生き様を追った傑作ドキュメンタリー。
1933年ニューヨーク、ブルックリンで生まれたルース・ベイダー・ギンズバーグ(RBG)。弁護士時代から一貫して女性やマイノリティの権利発展に努めてきた彼女は、93年にビル・クリントン大統領に女性として史上2人目となる最高裁判事に指名される。
以降も男子大学の女性排除、男女の賃金差別、投票法の撤廃などに、弁護士時代と変わらぬ視点で法の下の平等の実現に向けて果敢に切り込んでゆく。
若者に絶大な支持を得る「RBG」はいかに誕生したのか?彼女を良く知る家族、友人、同僚が母として、友人として、働く女性としてのルースの知られざる素顔を語り、彼女を支え続けた夫、マーティンとの愛溢れるエピソードも描かれる。

**********

アメリカの最高裁判事は9人。その任命は大統領が行ない、上院の助言と同意が必要で、上院全体の過半数の承認によって正式に任命される。任命にあたっては、民主党と共和党の間でバトルが繰り広げられる。大統領の任期は4年だが、任期が終身ということもあって、さまざまな場面で長期に渡って影響力を行使できる。

映画評論家の町山智浩さんによると、アメリカの人口の割合として白人の比率が減り、ヒスパニックや黒人、アジア系が大幅に増えて来ており、保守系の白人層を支持基盤とする共和党が大統領選挙で勝てる可能性があるのは、今回のトランプが最後になるかもしれないとのこと。そうした理由から、共和党にとって、RBG亡き後の、最高裁判事の席を得て、長期に渡って影響を維持することが重要になっているわけだ。

この作品の公開は、11月3日、アメリカ大統領選挙のまさに当日。映画でRBGの功績を見届けながら、選挙の行方を見守りたい。

作品情報

2018年/アメリカ/カラー/英語/98分

公式サイト

http://www.finefilms.co.jp/rbg/

監督

ジュリー・コーエン/ベッツィ・ウェスト

出演

ルース・ベイダー・ギンズバーグ/ビル・クリントン/バラク・オバマ

上映時間

11/1(日) 16:30
11/2(月) 休映
11/3(火) 16:30
11/4(水) 休映
11/5(木)~11/10(火) 16:30
11/11(水) 休映
11/12(木)~11/13(金) 19:00 
11/14(土) 19:00
11/15(日) 19:00
11/16(月)~11/19(木) 休映
11/20(金) 19:00
11/21(土) 11:00
11/22(日)~11/23(月) 休映
11/24(火) 16:30
11/25(水) 休映
11/26(木)~11/27(金) 16:30
11/28(土) 15:00
11/29(日) 休映
11/30(月) 16:30
12/1(火) 15:00

Translate »